カブペディア


ドルコスト平均法 (どるこすとへいきんほう)


みんなの閲覧度 
ドルコスト平均法とは、毎月一定の金額で株式を買い続けていく投資手法のこと。

株価が安い時には多くの株数を、株価が高い時には少ない株数を買うことになり、一定量ずつ買い付けたときに比べて1株当たりの平均コストを低く抑えられる効果が期待できる。「株式るいとう」を使えば、ドルコスト平均法が実践しやすい。