カブペディア


板寄せ方式 (いたよせほうしき)


みんなの閲覧度 
寄リ付き(前場、後場の最初の売買)と引け(前場、後場の最後の売買)に行われる取引方法で、売買注文を1度に集めて、価格的に優先順位の高いものから刷り合わせて数量的に合致する値段を求め、その値段を単一の約定値段として売買を成立させる方式のこと。

昔は注文が記入された「板」を寄せ集めたことから、「板寄せ」と呼ばれる。