カブペディア


差金決済 (さきんけっさい)


みんなの閲覧度 
差金決済とは、売買損益の差額のみを受け渡しする取引方法のこと。
株式投資の現物取引において、差金決済は法律で禁じられている。一日のうちに、同一銘柄の同一資金による「買付→売却→買付」や「売却→買付→売却」はできない。

【例】 100万円でA株を購入→同日にA株を売却→同日に同一資金でA株を再買付することはできない。

FXや先物取引などは原則として差金決済である。