カブペディア


買付余力 (かいつけよりょく)


みんなの閲覧度 
当日買付可能な金額の上限のこと。買付すれば減り、売却すれば増える。 ただし、当日中の同銘柄の「買付⇒売却」後の同一資金による再買付は、買付余力の範囲内であっても「差金決済」として注文を禁じられている。

【例】 買付余力100万円でA株を購入→当日中に105万円でA株を売却→売却後、A株が95万円に値下がりしたので当日中に再買付…することはできない。