カブペディア


ローソク足 (ろーそくあし)


みんなの閲覧度 
ローソク足は、株価の値動きをあらわすローソクのような図形のこと。

始値、終値、高値、安値の4つをひとつの図形で同時に表している。
始値と比べて終値が高い赤いローソク(陽線)は値上がりを表し、反対に、始値と比べて終値が低い青いローソク(陰線)は値下がりを表す。高値、安値はローソク足から伸びる細い線(ヒゲ)で表される。