カブペディア


空売り (からうり)


みんなの閲覧度 
空売りは、信用取引の機能の一部で、これから値下がりしそうな株を証券会社から借りて先に売却し、その株が値下がりした時点で買い戻して差益を得る投資手法のこと。株価が下降局面でも利益を出せるので、個人投資家にも広く浸透している。

【例】 円高の影響で今後売上が低迷しそうなA社の株を証券会社から借りて10万で売却→決算の数字が悪く、A社の株が6万円に下がった時点で株を買い戻して、4万円の差益を得た。