カブペディア


配当金 (はいとうきん)


みんなの閲覧度 
株を売買することによって得られる利益は大きく分けて、1.配当金、2.株主優待、3.売却益の3つ。

その中で配当金とは、株主になった会社が利益を上げると、その一部が株主に分配される利益のこと。権利確定日に保有していた株主のみが受け取ることができる。安定した利益を生み出す会社の株を買えば、銀行に預けたときにもらえる利子の数倍もの利益を得られることができる。